小児感染症科医のお勉強ノート

小児感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

小児の壊死性筋膜炎の特徴

" data-en-clipboard="true"> 壊死性筋膜炎は、小児では極めてまれな疾患です。そのため、まとまったデータは少なく、成人の教科書の記載が、しばしばそのまま引用されています。しかし、小児には小児の特徴があり、注意するべき点がいくつかあります。 " da…

クジラを食べてトキソプラズマ?!

トキソプラズマは、Toxoplasma gondiiという原虫が原因の感染症です。日本でも5−10%の人が抗体を持っています。特に妊娠中に罹患すると、胎児が先天性トキソプラズマ症になり、重い後遺症が残ることがあります。 終宿主はネコで、ネコの便などに排泄された…

ヨーロッパでの侵襲性A群溶連菌感染症の増加

2022年より、ヨーロッパ諸国で侵襲性A群溶連菌感染症の小児例の増加が報告されています。オランダからの報告です。 日本では、今の所、増加傾向は認められませんが、今後注意が必要です。 INCREASE IN INVASIVE GROUP A STREPTOCOCCAL INFECTIONS IN CHILDRE…

医学部生の髄膜炎菌保菌率は低い

" data-en-clipboard="true"> 髄膜炎菌は、髄膜炎や敗血症を起こすことがある細菌ですが、日本で見ることは非常に少ないです。とはいえ、宮崎県の高校の寮でアウトブレイクが起きたり、日本には無縁というわけではありません。特に、軍隊や学生寮など、多く…

新生児の腸腰筋膿瘍

" data-en-clipboard="true"> 腸腰筋膿瘍は、小児にはまれな病態です。成人では椎体炎が波及して腸腰筋膿瘍を形成することがあります。新生児の腸腰筋膿瘍となるとさらに稀で、ケースシリーズもなく、症例報告が中心です。 " data-en-clipboard="true"> 日本…

コロナでも大泉門が膨隆することがある

" data-en-clipboard="true"> 乳児の新型コロナウイルス感染症で、大専門が膨隆した症例があったという報告です。CTで見ると、結構膨隆しています。 " data-en-clipboard="true"> Bulging Anterior Fontanelle Caused by Severe Acute Respiratory Syndrome …

尿から肺炎球菌?

" data-en-clipboard="true"> タイトルを見て「??」と思いましたが、なるほどです。 " data-en-clipboard="true"> 小児(だけではなく成人)の尿路感染症の多くは、大腸菌などのGram陰性菌が原因です。感染症科医としては、尿から「尿路感染症の原因になら…

コロナワクチンは小児の重症化予防に有効

韓国から5−11歳に対するファイザーワクチンの効果の報告です。 要点「重症化予防効果は非常に高い!」 ・ワクチンは感染を予防する効果は50%程度 ・重症化を予防する効果は100%(ワクチン2回接種者が一人も重症化していない) 2回接種者がかなり少なく(全…

薬剤師から見た小児抗菌薬の正しい投与量

小児の抗菌薬治療は、有効性と安全性を最適化する投与を行うことが重要です。薬剤のPK/PDの特性、起炎菌の薬剤感受性、感染部位、重症度などを考慮して、選択する必要がある。 この論文では、よく使う抗菌薬であるアモキシシリン、アモキシシリン・クラブラ…

ツベルクリン反応はそろそろ引退?

" data-en-clipboard="true"> 小児の結核の診断には伝統的に、ツベルクリン反応が用いられてきました。しかし、BCG接種者では陽性になることなどから、解釈が難しいのが現状でした。成人では、T-SPOTなどのIGRAが一般的です。小児でもIGRAを使って診断する動…

子供に点滴の痛みを味わせないためにできること

" data-en-clipboard="true"> 小児科では、子供が辛い処置をする時に、ディストラクションということをします。ホスピタルプレイスペシャリスト(HPS)が、医師や看護師と一緒に処置室に入り、点滴などの処置をしている間、患児の気をそらせるように、遊んだ…

乳児の鼠径部リンパ節炎

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> 鼠径部リンパ節炎は、小児ではかなり稀な疾患です。成人では、性感染症に関連した鼠径部リンパ節炎が多いのですが、小児には性感染症が少ないことが関連しているのだと思います。そのため、小児の…

小児COVID-19に伴う神経学的合併症

" data-en-clipboard="true"> 小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者が増加するに伴って、脳炎や脳症などの合併症で亡くなるお子さんが日本でも増加しています。(2022年8月末時点で、41例が登録されているそうです。) " data-en-clipboard="tru…

Bacillus cereus菌血症のまとめ

" data-en-clipboard="true"> Bacillus cereusは、食中毒の原因菌(セレウス菌)として有名ですが、菌血症を起こすことがあります。食中毒から菌血症を起こすわけではなく、カテーテル関連血流感染などが多いです。また、病院内でアウトブレイクすることがあ…

小児市中肺炎の治療は短期間でも治療失敗率は上昇しない

" data-en-clipboard="true"> 小児の肺炎の治療期間は、決まっているようで、決まっていません。最近の傾向としては、抗菌薬の適正使用の観点から、なるべく短期間の治療が進められてきましたが、具体的に何日間ということまでは決まっていませんでした。 " …

コロナ後に子供のスクリーンタイムは1時間20分増加した

" data-en-clipboard="true"> ある程度予想はしていましたが、かなり衝撃の結果です。 " data-en-clipboard="true"> コロナのパンデミック後に、子供のスクリーンタイムは、1日あたり2.7時間から4.1時間に約1時間20分も増加しました。 " data-en-clipboard="…

生後6ヶ月−5歳に対する新型コロナワクチン(モデルナ)の有効性

モデルナワクチンの有効性の報告です。 ・6−23ヶ月、2−5歳の両年齢層において、成人(100μg)より少ない量(25μg)の接種で、良好な抗体上昇が得られました。 ・COVID-19の予防効果は、36.8%(2−5歳)、50.6%(6−23ヶ月)でした。さすがにオミクロン流行期…

小児の膿胸・肺炎随伴性胸水の特徴

" data-en-clipboard="true"> 重症化した肺炎の合併症として、膿胸と肺炎随伴性胸水は有名です。小児では、なかなかそこまでの重症例が少ないですが、まれに経験します。 " data-en-clipboard="true"> ポーランドからの報告で、膿胸と肺炎随伴性胸水を伴う肺…

乳児期早期の侵襲性細菌感染症でB群レンサ球菌が増加

韓国からの報告です。 生後3ヶ月未満の侵襲性細菌感染症のデータのまとめになります。 ・B群レンサ球菌(GBS)の割合が増加していた・黄色ブドウ球菌の割合が低下していた ということが分かりました。 本文中で、黄色ブドウ球菌が減ったことに関しては、母体…

穿孔性虫垂炎は、手術 or 抗菌薬?

" data-en-clipboard="true"> 何度か紹介している「虫垂炎には手術 or 抗菌薬」問題です。本日は、穿孔性虫垂炎を含む合併症ありの虫垂炎(complicated acute appendicitis)です。この2019年の論文は、システマチックレビューを行い、両者を比較したものです…

手足口病・ヘルパンギーナでCRPは上昇する。でも抗菌薬は不要

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> 今年は、ヘルパンギーナや手足口病が流行しています。これらはエンテロウイルスが起こす疾患で、発熱に加え、口腔内の水疱や手足の発疹が見られます。高熱が続き、口内炎の影響で、経口摂取ができ…

小児の虫垂炎に対する保存的治療は障害日数も医療費も少ない

" data-en-clipboard="true"> 先日紹介した小児の急性虫垂炎の保存的治療に関する別の研究です。少し症例数は少ないのですが、合併症のない急性虫垂炎では、保存的治療のほうが、障害日数(日常生活ができない期間)も短く、医療費も少なく済みました。 " da…

小児の虫垂炎は、保存的治療でいけるか?

" data-en-clipboard="true"> かつては、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)は、小児の緊急手術が必要な疾患の代表でした。小児科医になりたての頃は、いかに早く診断することが重要で、早く外科の先生に紹介して、早く虫垂切除術をしてもらうことが、患者の予後を…

小児の下気道感染症(肺炎を除く)に抗菌薬投与の意義は無い

小児の下気道感染症に抗菌薬を出すのかは、小児科医の永遠(?)のテーマです。「抗菌薬を出さずに治る子も多いけど、そのまま肺炎で入院になる子もいるよ」というのが実感なのですが、そもそも抗菌薬を出せば肺炎で入院になる子が減るのか?ということが重…

小児のRSウイルス感染症の予防にニルセビマブが有効

" data-en-clipboard="true"> 小児において、RSウイルス感染症は厄介な病気です。多くの子は感染すると、発熱、咳、喘鳴(ゼイゼイ)、鼻汁などの症状が見られますが、時に呼吸不全になったり、脳症や脳炎、無呼吸発作などを起こすことがあります。 " data-e…

小児の口囲皮膚炎にカルシニューリン阻害薬

" data-en-clipboard="true"> 口囲皮膚炎という、口の周りを中心に皮膚炎を起こす病気があります(写真)。成人の女性に多い病気です。はっきりした原因は分かりませんが、ステロイド軟膏を塗ることなどが関係しているという報告もあります。 " data-en-clip…

抗菌薬に整腸剤を併用する意義は?

" data-en-clipboard="true"> 抗菌薬の副作用として、抗菌薬関連下痢症(antibiotics associated diarrhea: AAD)は、よく起きます。抗菌薬により腸管内の正常細菌叢が乱されて起きると考えられており、整腸剤は一定の役割を果たすのでは無いかと考えられてき…

マクロアミラーゼって何?

" data-en-clipboard="true"> 先日、詳細は省きますが、アミラーゼ高値と免疫グロブリン高値で紹介された患者さんがいました。いろいろと原因を検索したのですが、最終的には、「マクロアミラーゼ」と考えられました。 マクロアミラーゼという病態を知らなか…

抗菌薬投与後2.9時間で、尿培養は半数が陰性化する

" data-en-clipboard="true"> 尿路感染症の患者さんの尿培養を採る前に、抗菌薬が投与された場合、尿培養が陰性化することがあります。結果的に、原因菌が分からなくなり、広域抗菌薬を投与せざるを得ないという、残念なことになります。 " data-en-clipboar…

5−11歳の小児におけるファイザーワクチンの有効性

" data-en-clipboard="true"> 新型コロナウイルス感染症やワクチンについて、目まぐるしい速度でエビデンスが生まれています。小児科学会が、5−17歳の小児に対するワクチンを「推奨」に変更したことは大きなニュースです。 " data-en-clipboard="true"> www.…