小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

ミカファンギン投与中の真菌血症と言えば!

 血培から真菌(酵母)が発育する場合、カンジダが圧倒的に多いです。血液悪性腫瘍やICUでCVカテーテルを留置している患者さんなど、基礎疾患が重篤で、免疫不全状態の方に多く見られます。

 一部の血液悪性腫瘍の患者さんには、真菌感染予防にミカファンギンなどの抗真菌薬が投与されることもあります。それにも関わらず、血液培養から真菌が発育する場合、何を疑うでしょうか?

 

 ずばり、Breakthrough candidemia と Trichosporon感染症です。

 

1. Breakthrough candidemia

 国内の報告で、骨髄移植後の768例のうち、26名がbreakthrough caandidemiaを発症したという報告があります。non-albicans candidaばかりで、C. paraapsilosisが9例、C. glabrata 4例、C. guilliermondii3例、その他6例でした。ミカファンギン投与中であったのは、17例ですが、85%の症例で、ミカファンギン感受性であったことから、必ずしも耐性菌が原因となるわけではないようです。

 むしろ、好中球減少が長い、ステロイドの全身投与など、宿主要因が大きいと示唆されています。

 

f:id:PedsID:20211212171507p:plain

 

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

 

2.トリコスポロン感染症

 まれですが、重要な鑑別診断が、トリコスポロン感染症です。トリコスポロンは、ミカファンギンに耐性という特徴があります。

 中国の侵襲性真菌サーベイランスネット(CHIF-NET)プログラムにおいて、合計133株のTrichosporonの分臨床離株が収集されました。

 分離株のうち、Trichosporon asahii(108株[81.2%])が主要な菌種で、次いでTrichosporon dermatis(7株[5.3%])、Trichosporon asteroides(5株[3.8%])、Trichosporon inkin(5株[3.8%])、Trichosporon dohaense(3株[2.3%])、1株(0. 7%)、Trichosporon faecale、Trichosporon jirovecii、Trichosporon mucoides、Trichosporon coremiiforme、Trichosporon montevideenseがそれぞれ1株(0.7%)でした。

 T. asahiiのamphotericin BのMICの平均値(GM)は,non-asahii Trichosporonよりも2倍高かった。 FluconazoleのMICが高い(≧8 μg/ml)分離株は,T. asahiiの25%(27/108株)とnon-asahii Trichosporonの16%(4/25株)に認められた。ItraconazoleのMICは,89.5%の分離株で0.5 μg/ml以下であった。Voriconazoleは,in vitroで最も強力な抗真菌薬であり,GMは0.09 μg/mlであった。

 

f:id:PedsID:20211212171744p:plain

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov