小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

カンジダ

ミカファンギン投与中の真菌血症と言えば!

血培から真菌(酵母)が発育する場合、カンジダが圧倒的に多いです。血液悪性腫瘍やICUでCVカテーテルを留置している患者さんなど、基礎疾患が重篤で、免疫不全状態の方に多く見られます。 一部の血液悪性腫瘍の患者さんには、真菌感染予防にミカファンギン…

小児のカンジダ血症について知っておくべきこと

" data-en-clipboard="true"> カンジダ血症は、一般小児科をやっているとあまり遭遇することはありませんが、基礎疾患を有する小児や重症の小児を診療している施設では、比較的よく経験します。 " data-en-clipboard="true"> 血培からカンジダが生えたとき、…

NICUでのカンジダ血症のリスク因子

" data-en-clipboard="true"> カンジダ血症は、重症者や免疫不全者に発症する事が多い感染症で、治療が難しく困難なことがあります。成人でのリスクは、中心静脈カテーテルの使用、完全静脈栄養、広域抗菌薬、APACHEスコア高値、急性腎不全、外科手術(特に…

高IgE症候群のまとめ(Uptodateより)

<要点> ・高IgE症候群(HIES)は、繰り返す皮膚・肺感染症、湿疹性皮膚炎、血清IgE高値を特徴とする。 ・常染色体優性遺伝性HIES(AD-HIES)は、STAT3(signal transducer and activator of transcription 3)遺伝子に変異があることで発症する。 ・易感染…