小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

梅毒は性感染症とは限らない

 梅毒は、性感染症STI)の代表的な疾患の一つです。梅毒感染した妊婦から出生した先天梅毒の症例も小児では経験します。梅毒は、皮膚や粘膜に病変を作るので、性的接触以外でも、病変部に接する機会があれば感染する可能性があります。
 この研究は、アルゼンチンで、性的接触以外で梅毒に感染した小児の報告です。かなり症例数が多く、稀では無いことがよくわかります。小児の梅毒を診断した場合には、慎重に性的虐待の除外をすることが必要ですが、「梅毒=STI」としか思っていないと、患者さんや家族との信頼関係が崩れる可能性もあります。
 
要点
・梅毒は、性的接触以外でも感染しうる。
・衛生状態の悪い、過密な家庭環境は、梅毒感染のリスクになる。
 
Acquired Syphilis by Nonsexual Contact in Childhood
Pediatr Infect Dis J. 2021; 40: 892.
 
背景
 小児期には、活動性の梅毒患者の粘膜や皮膚の病変に密接に繰り返しに接触した場合のように、性的接触以外で梅毒に感染する可能性がある。
 
方法
 性的接触以外で梅毒に感染した小児患者の前向きコホート研究である。患者背景、臨床初見、血清学的治療評価、一般的な検査データを収集した。患者と家族の医学的・心理社会的評価を慎重に行った上で、性的接触による感染を除外した。
 
結果
 24名が本研究の対象になった。平均年齢は4.2歳であった。女児が62.5%であった。全例が衛生状態の良くない過密な家庭環境であった。受診理由で最も多かったのは、二期梅毒の皮膚病変であった(79.2%)。患者と家族の心理社会的評価では、いずれのケースでも性的虐待を示唆する所見は認められなかった。78人の家族と同居人を評価した結果、23人(29.5%)がRPRまたはTPHA陽性となり、そのうち、60.9%は無症状であった。症状のある症例では、二期梅毒の病変が認められた。治療後は、RPRの持続的な低下が認められ、治療後12カ月以内に6/24例(25%)が陰性となった。全例HIVは陰性であった。
 
考察
 本症例の対象患者は、慎重に評価した結果、性的虐待の可能性は低いと考えられた。しかし、検査や心理社会的評価で性的接触が否定された場合、その他の感染経路を考慮する必要がある。過密で劣悪な家庭環境は、性的接触以外での梅毒感染リスクを高める。子供の世話をする成人が、哺乳瓶の乳首を唾液で湿らせたり、乳児に食事を与える前に食べ物を口に入れて熱くないか確認するなどの習慣は、乳児に梅毒感染を起こすリスクとなりえる。
 
 
アルゼンチンのブエノスアイレスからの報告
感染経路
N=97
先天梅毒
59例
非性的接触による感染
24例
虐待以外の性的接触
7例
4例
 
24例の症状
症状
症例数
扁平コンジローマ
17
手掌と足底の落屑
8
口腔内潰瘍
6
皮疹
2
糸球体腎炎
1
無症状
3

 

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov