小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

小児の結核性髄膜炎を示唆する所見 

A Diagnostic Rule for Tuberculous Meningitis

Arch Dis Child. 1999;81:221.

 
 日本では小児の結核髄膜炎はまれですが、タイやベトナムの病院では、原因不明の髄膜炎では当たり前のように、結核髄膜炎を疑って、治療をしていました。少し古い論文ですが、インドの病院で結核髄膜炎の小児例の臨床症状をまとめた論文です。
 
方法結核髄膜炎は、その他の髄膜炎との区別が難しい疾患である。本研究では、結核髄膜炎を鑑別するための臨床症状と簡易な検査について検討した。
髄膜炎が疑われ、髄液検査で細胞数上昇を認めた232名の小児患者を対象とした。110名が結核髄膜炎、94名がその他の髄膜炎、28例は診断がつかず検討からは除外された。
結核髄膜炎の定義は、髄液培養で結核菌陽性または髄液塗抹検査で抗酸菌陽性、または、CTで基底髄膜の造影効果ありまたは結核腫がCTで指摘された、症例である。その他の髄膜炎は、髄液培養やGram染色で他の細菌が検出された、または、抗結核治療を行わずに改善した症例である。30項目の臨床所見と検査所見に関して、単変量解析・多変量解析を行い、比較を行った。
 
結果:5つの徴候が、独立して結核髄膜炎の可能性を高めると示された。前駆症状が7日以上持続、視神経萎縮、神経局在症状、異常行動、髄液で多核球<50%である。他の128例に、この基準を適応して、有効性を検討した。5項目のうち、「1項目でも満たす場合 感度は98.4%」であった。もし、「3項目以上を満たす場合、特異度は98.3%」であった。
 
結論:この簡明な基準には、結核感染が多い地域で働く医師にとっては、結核髄膜炎の診断に有用である。
 

f:id:PedsID:20200515171659p:plain


f:id:PedsID:20200515171731p:plain