小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

2020-05-20から1日間の記事一覧

エールリヒアとアナプラズマ感染症

Erlichiasis and anaplasmosis 病原体 Anaplasmataceae科は、リケッチアに分類される。Anaplasma, Ehrlichia, Neorickettsia, “Candidatus Neoehrlichia”の4つの属がヒトに感染を起こすことが知られている。Anaplasmaの4種、Ehrlichiaの5種がヒトに感染する…

8歳未満でもドキシサイクリン使用可能(Red Book 2018)

ミノマイシンなどのテトラサイクリン系抗菌薬は、歯牙黄染が副作用として知られており、8歳未満の小児への使用が禁忌です。しかし、テトラサイクリン系であるドキシサイクリンは、カルシウムへ結合する割合が低く、歯牙黄染のリスクが低いのではないかと考え…