小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

新型コロナと他の病原体の共感染は多い?少ない?

 新型コロナウイルスの対応で悩むのが、「他のウイルス(RSウイルスやインフルエンザウイルス)が検出された時、新型コロナを否定してよいか?」ということです。他の病原体と共感染している事があれば、COVID-19を見落とす可能性が出てきます。新型コロナウイルスとの共感染について、中国で小児患者を対象とした研究と、米国で小児・成人を対象とした研究の2つを見てみます。
 
 要点は、
「他のウイルスが陽性でも、COVID-19は否定できない」
Coinfection and Other Clinical Characteristics of COVID-19 in Children
Wu Q ,et al. 2020;146:e2020961.
背景と目的:新型コロナウイルスSARS-CoV-2)は、主に飛沫により伝播する病原体である。小児患者に関するデータは限られている。本研究では、COVID-19の小児患者の疫学的特徴と臨床的特徴を明らかにすることを目的とした。
 
方法:COVID-19と確定診断された小児患者のデータのうち、基本情報、疫学的病歴、臨床症状、検査所見、放射線所見、治療法、転帰、追跡調査結果を分析した。
 
結果:対象は74名である。データに欠落のない68例のうち、65例(95.59%)は、成人患者と家庭内接触があった。主な症状は咳(32.43%)と発熱(27.03%)であった。他の呼吸器病原体のPCR検査を実施した34人(45.95%)のうち、19人(51.35%)にSARS-CoV-2以外の病原体との共感染が認められた。糞便検体PCRを行った小児は10例(13.51%)で、8例で長期間陽性が持続した。
 
結論:COVID-19の小児患者は成人患者とは異なる疫学・臨床的特徴を示した。約半数は他の呼吸器病原体と共感染していた。
 

 この研究は2020年の1月から2月に実施されています。マイコプラズマが最多で、RSウイルスやEBウイルスサイトメガロウイルスが検出されています。インフルエンザは1例のみでした。全体として、共感染の割合はすごい多い結果になりました。

f:id:PedsID:20201221183345p:plain

 

一方、米国の研究です。
 
Rates of Co-infection Between SARS-CoV-2 and Other Respiratory Pathogens
Kim D, et al. JAMA 2020; 323: 2085.
 
 Stanford Health Careの検査室で実施された研究です。COVID-19疑いの患者から提出されてSARS-CoV-2のPCRを実施した1217検体(陰性1101検体、陽性116検体、陽性率9.5%)に、他の気道感染症を起こす病原体がいるかを検討したものです。
 SARS-CoV-2陽性検体で、他の病原体が検出されたのは、24例(20.7%)でした。一方、陰性検体では、294例(26.7%)から検出されました。
 最も、多かったのが、rinovirus/enterovirusの6.9%、RSウイルスの5.2%、SARS-CoV-2以外のコロナウイルス4.3%でした。
 この報告は、既報よりも共感染の割合が高い可能性を示唆する。SARS-CoV-2以外の病原体が検出されることは、SARS-CoV-2を否定する根拠にならないと自覚する必要がある。

f:id:PedsID:20201221183605p:plain

 中国の研究よりも共感染率が低く、20%台でした。病原体も、ライノウイルス/エンテロウイルス、他のコロナウイルス、RSウイルスなど、いわゆる普通の風邪ウイルスが多く、病原体の中身も異なります。

 これらのウイルスは流行にも季節性・地域性があるので、どちらの研究が正しいということはありませんが、あるウイルスを見つけても、地域のCOVID-19の流行状況によっては、COVID-19を否定してはいけないと思います。