小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

COVID-19時代に診断・治療が遅れた虫垂炎7例

 COVID-19時代に、見逃しては行けないコモンな病気をどうやって確実に診断・治療するか、どのような医療体制を提供するか、非常に難しい問題だと思います。
 

Delayed diagnosis of paediatric appendicitis during the COVID-19 pandemic

Snapiri O, et al. Acta Paediatr. 2020;109:1672

 
目的:現在のCOVID-19の流行による恐怖に起因する面から、診断が遅れた小児虫垂炎患者7名を紹介する。
方法。症例は3つの小児外科病棟から収集した。COVID-19時代の複雑性虫垂炎の発生率と前年の同時期の発生率を比較した。
 
結果:小児外科病棟では7名全員が合併虫垂炎を呈した。7名の小児はすべて複雑性虫垂炎を呈した。COVID-19時代に診断が遅れた主な理由は、親の不安、遠隔医療の利用、不十分な評価であった。COVID-19時代は、前年の同時期に比べて合併症率が高かった(22% vs. 11%、P値0.06)。
 
結論:COVID-19流行の恐怖は、一般的な小児科疾患の診断の遅れと合併症率の上昇をもたらす可能性がある。これらの日常の救急医療における診断・治療の遅れは、COVID-19そのものと同様に大きな脅威となる可能性があるため、介護者・医療従事者は必要な医療を保留すべきではない。
 

f:id:PedsID:20200824163244p:plain

 
 発熱があるから患者を見ないという医療機関や、肺炎を見たらCOVID-19だと思いレジオネラ肺炎・肺炎球菌肺炎を見逃し重症化したという症例もあると聞いています。COVID-19時代には、遠隔医療も医療者への曝露を最低限にする診療体制も必要ですが、不十分な評価による診断の遅れ、治療の遅れという負の側面の考える必要があります。