小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

インフルエンザレクチャー(群馬県看護協会渋川地区研修会)後半

このようなケースを想定して、グループディスカッションをしてみました。

ケース1:前日の夜から、発熱していた息子7歳。近くのクリニックを受診させました。迅速検査の結果は「インフルエンザA陽性」でした。

1.自宅で息子をケアする時の対応

2.病院で勤務する時に必要な対応

 

ケース2:準夜勤務中に、同僚のBさんが発熱と悪寒を訴えて、早退しました
 翌日、「インフルエンザA陽性」と診断されました。

1.病棟スタッフへの対応

2.受け持ち患者さんに必要な対応

 

ケース3:「インフルエンザA陽性」と診断された6歳の小児患者の家族から、相談の電話が入りました。

「自宅に帰って、タミフルを1回飲みました。それから、眠っていたら、急に起き出して、「見て!見て!ほら、金魚が飛んでる!うぁあ、✗△○□…」みたいに訳わからない事を言うんです。10分くらいで落ち着いて、今は、少し水を飲んでいます。病院に連れて行った方が良いでしょうか??」

1.どう返事しますか?

2.再受診の目安はどう考えますか?

 

 こちらで用意した解答案もあるのですが、会場からいろんな意見を頂いたり

スライドのみでは誤解を招く可能性もあるので、解答の部分は削除しています。ご了承ください。