小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

2020-04-18から1日間の記事一覧

片側性結膜炎+中耳炎はインフルエンザ桿菌によるconjunctivitis-otitis syndrome

Epidemiologic study of conjunctivitis-otitis syndrome Pediatric Infect Dis J. 2005;24:731 50年以上前にCoffeyらにより、中耳炎と化膿性結膜炎にHaemophilus influenzaeが関与しているということが認識された。その後、Bodorらが、conjunctivitis-otiti…

眼科周囲蜂窩織炎のまとめ

Uptodateをまとめました 1.疫学 眼科周囲蜂窩織炎は眼窩蜂窩織炎よりも頻度が高い。87−94%が、眼科周囲蜂窩織炎と診断され、残りの6−13%が眼窩蜂窩織炎である。両疾患とも、成人より小児に多い。両者を鑑別することは、合併症・治療・予後が異なるので、非…

眼窩蜂窩織炎のまとめ

Uptodateを参考にまとめました 概念 眼窩蜂窩織炎は、眼窩内の構造物(脂肪織と筋肉)を含む感染症である。眼窩蜂窩織炎は、失明などの合併症が起きうる重篤な疾患である。 疫学と病態生理 眼窩蜂窩織炎は、若年の小児に多い。細菌性副鼻腔炎のまれな合併症で…