小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

MIS-Cが重症化する因子

 
小児多系統炎症性症候群(MIS-C)は、小児がCOVID-19に罹患した後に、発症する川崎病に類似の病態です。しかし、ショックや心筋炎などの重篤な合併症を起こすことがあり、死亡例も報告されています。
 今回紹介する論文は、MIS-Cが重症化する因子を検討したものです。
要点
・MIS-Cが重症化する因子は
 6歳以上、黒人、息切れ、腹痛炎症反応高値
 
 
Factors linked to severe outcomes in multisystem inflammatory syndrome in children (MIS-C) in the USA: a retrospective surveillance study
Abrams JY, et al. Lancet Child Adolesc Health. 2021;5:323-331.
 
背景
 小児多系統炎症性症候群(MIS-C)は、SARS-CoV-2感染に伴って生じる新たな疾患概念である。MIS-Cの臨床症状は様々であり、本研究の目的は、重篤転帰に関連する因子を調査することである。
 
方法
 本研究は、後方視的サーベイランス研究である。米国疾病予防管理センター(CDC)のMIS-C症例定義を満たす患者を対象とした。症例定義は、21歳未満、発熱、血液検査での炎症所見、入院、多臓器(2臓器以上)の病変(心臓、腎臓、呼吸器、血液、消化器、皮膚、神経)を有して、他の疾患が否定的で、発症前4週間以内に、RT-PCR、血清検査、抗原検査によりSARS-CoV-2感染が確認されたか、COVID-19への曝露が確認されたかのいずれかの患者である。重篤転帰と関連する可能性のある因子として、患者因子(性別、年齢、人種・民族、肥満、2020年6月1日以前のMIS-C発症)および臨床所見(徴候、症状、検査マーカー)を評価した。すべての因子を調整したロジスティック回帰モデルを用いて、因子と以下のアウトカム(集中治療室(ICU)入室、ショック、心機能低下、心筋炎、冠動脈異常)との間のオッズ比を推定した。
 
結果
CDCによるMIS-Cの症例定義を満たし、2020年3月11日-10月10日に発症した患者は1080人であった。ICU入室は、0~5歳の患者と比較して、6~12歳の患者(aOR 1.9[95%CI 1.4-2.6])および13~20歳の患者(aOR 2.6[1.8-3.8])で高く、黒人は非ヒスパニック系白人(aOR 1.6[1.0-2.4])と比較して高かった。息切れ(aOR 1.9 [1.2-2.9])、腹痛(aOR 1.7 [1.2-2.7])、CRP、トロポニン、フェリチン、Dダイマー、BNP、N-terminal pro B-type BNP、IL-6が上昇した患者、血小板やリンパ球が減少した患者で、ICU入室の可能性が高かった。また、心機能の低下、ショック、心筋炎についても関連性が認められた。冠動脈病変は、男性(aOR 1.5 [1.1-2.1])の方が多く、粘膜病変(aOR 2.2 [1.3-3.5])、結膜充血(aOR 2.3 [1.4-3.7])でも多く見られた。
 
結論
MIS-C患者の特徴を把握することは、MIS-C患者を早期に発見し、重篤転帰を回避するために役立つと考えられる。
 
 
 この研究では、1000例以上のMIS-Cが含まれておりますが、ヒスパニック41%、黒人36%、ヒスパニック以外の白人14%で、それ以外の人種は9%です。おそらくアジア系には少ないと思われます。日本からの報告は無いので、川崎病とは似ているけど病態は別物なんだという印象を持ちます。
 18例が亡くなっており、COVID-19の合併症としては重要です。
 

f:id:PedsID:20210419182703p:plain