小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

米国の超過死亡の2/3はCOVID-19

 COVID-19の流行が死亡統計に与えた影響を報告しています
・COVID-19の流行で、死亡者が約22万人(20%以上)増えた(超過死亡)
・そのうち約2/3(15万人)はCOVID-19であった
・心臓病や認知症などでの死亡も増え、COVID-19パンデミックの影響が考えられる
 
Excess Deaths From COVID-19 and Other Causes, March-July 2020
JAMA 2020. Oct. 12
 
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック中の超過死亡(観測された死亡数と期待される死亡数との差)に関するこれまでの研究では、COVID-19に関する死亡数を過小評価していることが判明した。以前の分析では、パンデミックの最初の数週間(2020年3月~4月)の超過死亡の65%にのみCOVID-19が特記されていたが、COVID-19以外の原因(例えば、アルツハイマー病、糖尿病、心臓病)による死亡は、COVID-19による死亡が最も多い5つの州で急増していた。
 
 
方法
 2014-2020年の死亡データ、および50州およびコロンビア特別区の人口数は、それぞれ国立健康統計センターおよび米国国勢調査局から入手した。2020年3月1日から2020年8月1日までの死亡数は、2020年9月9日に発表された暫定的な補正なしデータを使用した。コネチカット州ノースカロライナ州のデータは欠損が有り、除外した。階層的ポアソン回帰モデルが、予想死亡数の推定に使用された。COVID-19による死亡とは、「COVID-19が主たる死因または寄与した死因として登録された症例数」。COVID-19以外の死亡についてのデータは、アルツハイマー病、心臓病、および他で定義された10のグループの死因である。
 COVID-19以外の死亡の増加が観察されたことの妥当性を確認するために、Joinpoint回帰プログラムを使用して、勾配が変化した週と統計的有意性を定義した。各州の流行曲線における分散を推定するために、過剰死亡の90%が発生(ED90)した連続した週の数を計算した(流行期間の長さ)。
 
結果
 2020年3月1日から8月1日までの間に米国で発生した死亡者数は1,336,561人で、予想された死亡者数を20%上回った(1,111,031人[95%CI、1,110,364~1,111,697人])。人口あたりの超過死亡率が最も高かった州は、ニューヨーク州ニュージャージー州マサチューセッツ州ルイジアナ州アリゾナ州ミシシッピ州メリーランド州デラウェア州ロードアイランド州ミシガン州の10州であった。超過死亡率が最も高い州は、週ごとに変化していた。予想値に対する絶対死亡数の増加率は、ロードアイランド州ミシガン州の22%からニューヨーク州の65%まで幅があった。死亡率の高い3州(ニュージャージー州ニューヨーク州マサチューセッツ州)は、米国の超過死亡の30%を占めていたが、流行期間が最も短かった(ED90<10週)。4月に急増を経験した州では、流行期間が短く、5月にはベースラインに戻っていたのに対し、ロックダウンからの再開が早かった州では、超過死亡の増加がより長期化し、夏まで続いていた(図)。
 

f:id:PedsID:20201020054654p:plain

 3−4月は、ニューヨークやニュージャージーで超過死亡が多く、
 6月以降は、テキサスやフロリダで増加している傾向が見られます。
 
 
 225,530人の超過死亡のうち、150,541人(67%)がCOVID-19によるものであった。Jointpoint解析では、COVID-19以外の原因による死亡が増加しており、そのうち2つが統計的に有意であった。心臓病での死亡率は3月21日から4月11日までの間に上昇した(APC、5.1[95%CI、0.2-10.2])が、COVID-19の春の急増に牽引された。アルツハイマー病/認知症の死亡率は、3月21日から4月11日までの間(APC:7.3[95%CI:2.9-11.8])と6月6日から7月25日までの間(APC:1.5[95%CI:0.8-2.3])の2回上昇したが、後者は夏のサンベルト州での急増と重なった。
 

f:id:PedsID:20201020054828p:plain

 
議論
 米国の総死亡数は一貫して増加しているが、2020年3月から7月の間に米国の死亡数は20%増加した。COVID-19は、これらの超過死亡のうち67%に過ぎなかった。一部の州では、地域社会での広がりを抑制することが他の州よりも困難であったため、超過死亡の上昇が夏季にまで長期化していまた。米国では、COVID-19の流行に伴い、いくつかの非感染性の原因による死亡が増加した。このCOVID-19以外の原因による超過死亡は、我々がまだ認識していない感染症による死亡や、またはパンデミックによって引き起こされた混乱に起因する感染症以外での死亡を反映している可能性がある。研究の限界は、暫定データを使用している点、死亡診断書が必ずしも正確ではない点、モデルに適用した仮定の問題が含まれる。