小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

B型肝炎母児感染予防の日米の違い

注意:Facebookでご指摘を受けて、一部修正しました。

B型肝炎の母児感染予防策は、確実に実施できたら有効性が非常に高いです。

2013年から、日本小児科学会の指針が変更され、国際方式になりました。

http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/HBV20131218.pdf

出生時体重が2000g未満の場合の対応についても、日本小児科学会が指針を出しています。

(http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/hbboshikansen.pdf?fbclid=IwAR1qhO8JoylXCt2-KUQBy1FXlQkGBv4VqDprLqJQsJ5DJbgiaH2xfjLpCW4)

出生体重2000g未満では、1回目の接種をカウントせず、生後1ヶ月から3回のHBワクチンを接種し、合計4回接種となります。ただし、4回の接種は保険適応がありません。

Redbookの記載と、ほとんど同じになります。

日本も、不活化ワクチンの筋注が公認されると良いのですが。

 

 
 
日本
(出生時体重2000g以上)
日本
(出生時体重2000g未満)
米国
(出生時体重2000g以上)
米国
(出生時体重2000g未満)
生後5日以内 (可及的に12時間以内)
200単位(1mL)を2箇所に分けて筋注
出生直後(12時間以内が望ましいが、遅くなった場合もなるべく早く)
200単位(1mL)を2箇所に分けて筋注
生後12時間以内
生後12時間以内
HBワクチン
①HBIGと同時
②生後1ヶ月
③生後6ヶ月
①HBIGと同時
②生後1ヶ月
③生後2ヶ月
④生後6ヶ月
①HBIGと同時
②生後1-2ヶ月
③生後6ヶ月
①HBIGと同時
②生後1ヶ月
③生後2-3ヶ月
④生後6ヶ月
ポイント
・HBワクチンは皮下注
・HBワクチンは皮下注
・4回接種の保険適応なし
・HBワクチンは筋注
・HBワクチンは筋注
・1回目の接種はカウントしない