小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

3歳以下の中耳炎のリスクは、集団保育・親の精神的健康状態・厳しいしつけ

PLoS One. 2019 Jul 16;14(7):e0219684. doi: 10.1371/journal.pone.0219684. eCollection 2019.

Childhood otitis media: Relationship with daycare attendance, harsh parenting, and maternalmental health.

 

 台湾のKids in Taiwan: National Longitudinal Study of Child Development & Care (KIT) Projectで集められた1998名の小児のデータをもとにした解析です。精神的なストレスが、小児の中耳炎(3歳以下)に関連するか解析しました。
多変量解析で、中耳炎発症のリスクとして、集団保育への参加(OR 1.475)、母の精神的な健康状態不良(OR 1.913)、子どもへの厳しいしつけ(OR 1.091)が挙げられました。親と子どもへの精神的なサポートが中耳炎の預防への新たな戦略になるかもしれない。
 
 この研究は、2019年のSloveniaのヨーロッパ小児感染症学会で報告されていて、ちょうど著者の先生とお話をしていました。もう、論文としてpublishされていることに驚きですが。
 実際には、中耳炎のリスクファクターを検討している中で、精神的なストレスが免疫細胞の働きを弱めるという先行研究があり、精神的なストレスとなりうる項目を検討した時に、親の精神的健康と子どもへの厳しいしつけを思いついたそうです。
 このように、充実したデータベースがある台湾は羨ましいです。