小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

偽膜性腸炎

小児は無症候性にClostridioides difficileを保菌する

" data-en-clipboard="true"> Clostridioides difficileは、偽膜性腸炎・CDIの原因となる細菌です。抗菌薬を投与すると、腸管内細菌叢が乱され、毒素を産生するC. difficileが腸管内に増加します。その結果、下痢・発熱・イレウスなどの症状を起こし、重症な…