小児感染症科医のお勉強ノート

群馬県立小児医療センターで感染症を専門に診療しています。論文や病気のまとめを紹介します。

ブルセラ症

細胞内寄生菌のまとめ

細胞内寄生菌は、人間に感染すると、人間の細胞内に寄生して、免疫応答から逃れようとします。そのため、これらの菌に対する防御には、細胞性免疫が重要です。 細胞内寄生する菌についてまとめました。 (資料によりobligateかfaculativeが違うものもあった…

ブルセラ症についてのまとめ (NEJM)

<ブルセラ症の要点> ・中東やメキシコなどに多い人畜共通感染症 ・未滅菌の乳製品・動物との接触(胎盤など)・エアロゾル吸入が感染経路 ・4種類のBrucellaがヒトに感染性を持つが、B. melitensisとB. abortusが有名 ・発熱・肝脾腫・リンパ節腫脹などが見…